簡単なHIV/AIDSのこと

「HIV」

Human Immunodeficiency Virus」の略で、ウイルスの名称そのもののこと。

hivウィルス

「AIDS」

「後天性免疫不全症候群」の略です。HIVに感染し、その結果、からだの免疫力(たとえばインフルエンザウイルスほか、日頃生活する上で常に存在する菌、ウイルス、カビ、寄生虫などに対する抵抗力)が低下して、様々な病気にかかりやすくなります。その中でも23の指定された日和見感染症やエイズ指標疾患(ニューモシスティス肺炎や食道カンジダ症)などを合併した時に「AIDS発症」と診断されます。

人間の免疫機能をつかさどる細胞にCD4陽性細胞というものがあり、このCD4の値が健康な人の場合1200~700/μLくらいを推移しています。AIDS発症を抑えるため、抗HIV薬による治療をおこないますが、治療開始となる数値として最近ではCD4が350/μL以下を目安にしています。

要するに、人間はHIVに感染すると体の抵抗力が落ちてゆくため、そのことが原因となっていろいろな病気にかかりやすくなるということだね。


このページではFlashを使用しています。
画像が表示されないときは、macromedia社のサイトからFlash Playerをダウンロードして下さい。

FLASH_PLAYEARダウンロードページへリンク

▲ページ先頭に戻る